喜びボーイ『喜多隆志』

喜多隆志の応援歌
www.yorokobi-boy.net

喜多隆志の応援歌

上がることができなかったための1つにレベルを候補に挙げるなまぬるい水であったlittle.Urawaがその頃要因の1つにあったという意識が、欠如していたと、思います。
1つの力のレギュラーを狙うことができたほとんどプレーヤーがいませんでした(実際、プレーヤーに会うことができません誰だけニシオカ、そして、今江(ランクが上へ連れてこられたダイマツ))。
そして、成長して、プレーヤーへのそれがマージンが完全にないと考えるよう命令しました。
プレーヤーを1つの軍隊へもたらすことが仕事で考えるとき、チャンピオンシップを2005、2006と東洋人において成し遂げます。
しかし、それは大きい意味を持ちません。
ある意味では、そのような時間に登録される北は、犠牲者になったかもしれません。

より記憶1まで成功することは、ルーターの歌です。
「NISHIOGI」を大井-skall仲間オリジナル曲の「TOKIO」とみなして、呼び出しだけでほとんど目立ちました。
評判はファン(プレーヤー一緒に)から良いようでした。
しかし、それを聞くとてもいい少ない機会がありました。
この応援歌というのは非常にいい出来だったためほんとにもったいないです。

指導者としてフレッシュオールスターに選ばれた

copyright(C)喜びボーイ『喜多隆志』